神威岳 2009年8月4日
31日にイドンナップ岳を登り、神威岳、ペテガリ岳を登る計画だったが、悪天候のため三石道の駅で1日停滞
神威山荘で2日間停滞してしまった 内地から来ている人は雨の中登って帰って行った人達もいた


2009年8月02日に神威山荘へ来る
昔の事は知らないが、以前小屋の周りは木が鬱蒼としていたらしい





4日朝ニシュオマナイ岳が綺麗に見えている 期待できそうだ 第一の渡渉


こんな所を渡渉しながら登ります





この辺の石に熊の足跡が付いていたので笛を吹き大声をあげる


尾根取り付き地点の大きな石
ニシュオマナイ岳が見えてきた


1839峰・ペテガリ岳も見えてきた 良い展望が期待できる


1839峰からヤオロの稜線ズーム 右ペテガリ岳


頂上が見えてきた 左奥


神威岳頂上です


3日間停滞して待った甲斐がありました 素晴しい展望です  中央ソエマツ岳 右ピリカヌプリです 大きな写真


ペテガリ岳方向


1839峰の左奥の山をズーム  たぶんイドンナップ岳








尾根取り付きの大岩から帰り道を写す








登山口から20分程行った所の笹薮の登山道


最初の渡渉地点に戻ってきました


左側は何時も崖崩れをおこし通行止めになる場所
イドンナップ・神威岳を登り(中3日空いているが)この後ペテガリ岳
はかなりきついと判断してペテガリ岳は後日とした


帰りは浦河のAERUの湯で汗を流し、駐車場で車中泊
コースタイム 3時間54分(内靴の履き替え時間16分)
4:50出発・440m二股着5:18・524m二股着5:53・尾根取り付き(6:36〜6:52)・
頂上(8:44〜9:47)・尾根取り付き(11:01〜11:24)・登山口13:11
HOMEへ 日高の山一覧へ
inserted by FC2 system