函岳 2010年6月26日
25日道の駅『びふか』で車中泊し、26日4時51分函岳登山口へ出発した 美深町へ向って4kmほど走ると
函岳頂上まで34kmの看板がありました
 看板から凡そ7km走ると砂利道になり加須美峠まで17km 
頂上まで27kmの看板がありました


砂利道17kmを走って加須美峠に5時34分到着 
ゲートが閉まっていました という事は残り10km歩く
という事になります どうしようかなと少し考えました
此処まで又来るわけにはいかないので5時50分出発しました
タケノコ採りの人が大勢来ていました 
良いタケノコが採れていました
6:19の映像 凄く良い天気です 林道もデコボコしていないで
良い林道です 加須美峠まではこんなに良い道路ではなかった

確かに大パノラマです しかし素晴しく良い景色とはいい難い
6時31分 歩き始めて41分後頂上に建つ『レーダー雨雪量計システム』が見えた 雪渓の上です いゃあまだかなりあるぞ


『レーダー雨雪量計システム』をズーム


7時03分 来し方角を振り返る 来た道が見えています

7時28分 今日一番大きな雪渓です


7時48分『レーダー雨雪量計システム』の頭が見えました
7時50分 もう直ぐです


右手にヒュッテがありました 
7時54分 林道を休まずに2時間04分歩いてやっと頂上に到着 
片道10kmの林道歩きは初めてです

歩いて来て正面の景色
『レーダー雨雪量計システム』のうしろ


 今回の山旅もこの頂上で終わりです
8時20分帰ります 下山って感じではないです


又長い林道歩きです
駐車場 道路が悪くなっていないので来る人は少ないのでは?


9時00分 雪渓を過ぎて940m付近で振り返る


9時05分の映像 カーブを曲がったら何と親熊と小熊2頭が居ました 熊の方が先に気づいて逃げて
行きました 直ぐカメラを取り出して写したのですが 左の親熊を微かに写せただけでした 
親熊は立ち上がったままで逃げています 
林道には5百m程足跡が付いていました 直ぐ藪の中に入らないのですね 暫く笛を吹きながら歩きました

9時30分 一番長かった直線部分を振り返る 稜線の右側にレーダーが見えます


9時49分 此処を過ぎると頂上は見えなくなります


10時26分 加須美峠へ戻りました

帰り道 道の駅『にしおこっぺ花夢』に寄り昼食
コースタイム 加須美峠から函岳まで2時間04分 帰り 2時間06分
加須美峠を10時50分出発して 道の駅『花夢』と 小清水原生花園に寄って17時39分中標津へ戻りました
HOMEへ 道北の山一覧へ 礼文岳へ戻る
inserted by FC2 system